読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「インフルエンザB」からセールスライターへの路

セールスライターになるまでの道のりを、ていねいに。

システムエンジニアの時のこと

忘れてしまいそうなので、書いておくと。

 

◆仕事をするうえで、大切にしていた考え

・お金をもらっている以上、しっかりやる

・お客さんに、いかに貢献できるか?

・お金のために仕事しない。

・給料泥棒とは、言わせない

・お客さんのことも、もちろん大切にしていたが、それにプラスして、自分と直接かかわる人(プロジェクトマネージャー、一緒に仕事する仲間)のために、頑張っていた

 

 

◆普段の考え

・上司の指示、考えは絶対だ。断れない

・それがキャパオーバーで、苦手な仕事で、嫌いな仕事でも

・自分に期待してくれる人に、応えられなくて、申し訳ない気持ちだった

・自分の能力が低くて、生産性が悪いので、時間をかけるしかない・・・と思っていた

・怒られないために、失敗しないために、仕事する

 

 

◆仕事のやり方

・とにかく効率的に、無駄なく

・PCの電源は、常に入れっぱなし

・土日曜日も関係なく、空き時間を利用して、メールチェック

・メールは見たら、その場で返信

・あれが終わったら、休憩しようと思っていたら、夜になっていた

・お昼ごはん食べられないことも

 

 

◆感覚

・仕事をリードしたいが、全然できない感じ

・何かに追われている感じ

・常に仕事に追われている感じ

・いつも焦りを感じていた

・能力がないことを認めるのが、難しかった

・効率やる方法がわからなかった

 

 

◆将来への不安

・このまま続けて良いのか、常に考えていた

・仕事している時は、そういった迷いは、全て横に置いて、仕事に集中していた

 

 

◆楽しかったこと

・技術以外のこと

・出張時は、イキイキしていた

・現場で、直接お客さんと触れ合うと、イキイキしていた

・技術的なことよりも、スケジュールや人の割り振りや工程表の確認など、段取りを組むのが好きだった

 

 

◆恐れ

・失敗するのではないか、と恐れていた

・失敗して、誰かに迷惑をかけるのではないか?

・失敗して、誰かに怒られるのではないか?

 

 

◆失敗

・ポカミスすることも

・実際に失敗もしていた

 

 

◆嫌だなぁ

・好きでも得意でもなかったので、やったことがない案件、難しい案件を振られるのが、嫌だった、怖かった

・楽な案件が来たら、安心していた

・勉強したいと思ったけど、やる気がでなかった

・興味がないことを学ぶのは、苦しかった

・全然頭に入ってこなかった

・成長している感覚がなかった

・毎朝、起きた時、自分をキックしていた(やる気を無理やり出させていた)

 ・満員電車が嫌で、朝早いロマンスカーに乗っていった

 

 

◆ストレス

・ストレスから、偏頭痛があった

・食べること、飲むことが、ストレス発散の唯一の方法だった

・忙しすぎて、自分のストレス発散法である、飲み会ができなかった

 

 

◆相談できず

・自分一人で抱え込んでいた

・相談できる人がいなかった

・相談できるとも考えていなかった

 

 

◆休む

・休み方がわからなかった

・気分転換の方法を知らなかった

・休日は、一日寝ていることが多かった

・疲れているというよりも、何も考えたくなかった

 

 

◆辞めるキッカケ

・状況報告に行った時の上司の一言で、完全に切れてしまった 

 ・夏休みに入り、しっかり考える時間ができてしまった

 

 

◆書いて思ったこと

・変なループに入っていた

・何が大切か、見失っていた

・自分にとって大切なものは何なのか?わかっていなかった

・大切なものを守れなった

・失敗を恐れていた

・自分のキャパを超えていた

・考えることを避けるために、たくさんの仕事をしていた

 

以上です。