読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「インフルエンザB」からセールスライターへの路

セールスライターになるまでの道のりを、ていねいに。

自分に対して売るなら、「提案」は必須です!

前回は、

・自分が買いたいと思う時は、どんな時か?

について書きました。

 

書いていて、自分の場合、どうしても外せないのが、

・提案

だと気づきました。

 

これがないと、どうもつまらないですね。

 

極論から言ってしまうと、

・ハッキリ言って、商品なんか、どーでも良い

です。

 

自分が求めているのは、

・新たな提案

です。

 

わがままかもしれませんが、

 

・自分のことを親身に理解してくれて、自分が問題だと気付いていることはもちろん、問題だと気づいていないことを教えてくれて、解決してくれる

 

でないと、正直なところ、買いたくありません。

※そうはいっても、そんなものは、めったにありませんが。

※こんな厳しい条件を持ってるから、購入に時間がかかるのかもしれません。

まあ、そんな商品はめったにないので、最後はあきらめますが。理想形ですね。

 

その反対に、絶対に買いたくないのは、

・自分のことを、考えていないと感じたとき

ですね。

 

これについては、人より厳しいかもしれません。

 

例えば、

 

・こちらのメリットではなく、売主のメリットを、前面に押し出してくる時

・自分のことを考えてくれているようで、売主のメリットしか感じられない時

・売り方が浅はか

・新たな視点がない

・相手を理解しよう!という考えがない

・相手を喜ばせよう!という考えがない

・相手に貢献しよう!という考えがない

 

 

なんて時は、嫌になりますね。

 

自分が、

・相手の役に立つために、人は存在する

と考えているからかもしれません。

 

・どんなに追い込まれても、相手にメリットがないような売り込みは、絶対にしたくないです。

 

この考えは、セールスライターにとって、良いことなのか、悪いことなのか・・・。

 

少し考えてみることにします。