読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「インフルエンザB」からセールスライターへの路

セールスライターになるまでの道のりを、ていねいに。

この商品、イイですよ!(売主のあんたにとって、ね)

売主が、良く言いますよね。

 

・この商品、イイですよ!

 と。

 

具体的な売り文句としては、

 

・他には売ってないんです

・他と比べて、安いんです。

・他と比べて、軽いんです。

・新しいんです。

・あなたにピッタリです。

・どこでも使えるんです。

・色が豊富なんです

・他と比べて、性能がいいんです

・最新なんです

 

なんて、特徴を並べて言ってくれる。

 

でも、なんでか響かない。

 

何で響かないか?

 

それは・・・、商品を判断する以前に、

 

 ・この商品、イイですよ!(売主のあんたにとって、ね)

 

としか、聞こえないからです。

 

お客さんは、

・どーせ、あんたたちが儲かるから、イイこと言ってるんでしょ!

なんて思ってます。

 

だますんじゃないか?自分のことを考えてないんじゃないか?と売主を疑ってます。

 

全然、信用してません

 

だって、そうでしょう?

 

5分前に会った人を、それも売りつけてくる人を、すぐに信頼できますか?

 

 

この気持ちを払しょくできないと、いくら良いこと言っても伝わりません。

 

例えば、

・あなたのことが、大切だ!

・あなたのことを、本当に、本当に、大切に考えている

★売り込みではない

・その結果、この商品を勧めている

・あなたのことを考えたら、残念ながら、この商品をお勧めできない

なんてことをお客さんが感じたら、やっとイロイロ聞けますよね。

 

それは心に入ってきますよね。

 

・お客さんとの十分な関係構築ができている

・売り込み

 

でないと、お客さん買ってくれないに、決まってます。