読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「インフルエンザB」からセールスライターへの路

セールスライターになるまでの道のりを、ていねいに。

第2回目の課題を提出して

昨日、なんとか第2回目の課題を提出しました。

 

いま、ふと思ったことを、忘れないように、書いておきます。

 

 

・感情表現

もうだめ、気が狂いそう・・・などの口語調での会話表現

×お客さんの心を掴んでない

× お客さんの心の声に共感できていない

お客さんの心に共感はできているが、それを、ライティングに表現できてない

 

・チンパンジー並みの注意力のレベル

→どのレベル?もっともっと低いのでは?

→講師に聞きたい 

 

・ビジュアル表現

写真や図などで表現すること

→自分が担当することではないと思ってる?

 

・文字の表現

太字、下線、黄色で塗りつぶす以外の表現方法を知らない

→黄色の塗りつぶしは、いらないな

→目立つところを、赤字で

 

・改行を多用

2,3行、多くても5行まで

 

・話すように書く

あの人が話をしているのが、目に浮かぶ

 

・話者の特定

誰が話をしているかわからないと、イメージできないのでは?

 

・細かい調査

相手が納得する証拠集めが弱い

こんなもので大丈夫・・・と思ってしまう

→甘さが出てしまう? 

 

・他人との比較は、イロイロ気づく

好き勝手に批評

→「この好き勝手に批評 」の感覚が、自分のレターにも必要?

いや、それは無理じゃない?そこは考えなくて良いのでは?

他人を使えば良いのでは?

 

・今の自分のできていないところが、よくわかる

→あわせてできているところも探そう 

 

・逆に、他人に比べて、どこが得意なんだろう?

反論処理?

論理的思考?

 

・感情で揺さぶらせて、論理での順番がない

最初から論理的に行ってしまう

→感情の次に論理、感情の次に論理、感情の次に論理 

 

・自分が購入した時の気持ちが、特殊?

→講師に確認

 

・どうしても「論理的」に書こうとしてしまう

感情表現が抜け落ちてしまう

はじめのツカミが弱い

→感情表現を追加すれば、ある程度形になるのでは?

 

・他人から学ばない、学べない

 →しっかり学ぶ時間を確保

自分と比較できる

 

・書くより、口頭での方が得意?

→セールスマン向き?

 

・口頭でのトークを、どうやって、ライティングに落とし込むのか?

口頭でのトークに頼っている

相手に合わせて話をする、セールストークはある程度できているかも

 

一人二役では、できているつもり

→本当に? 

 

・「録音した一人二役」を聞き直す

それが何分だった?その時間分、いやそれ以上を、読ませた時にかかるのでは?

 

・自分から離れられない

ペルソナは、そこを考えてる?

 

・スイッチに自信がない

強引かな?

 

・コアベネフィットが最後にわかる

最後まで買いて、やっと気づいた

→もっと早く気づくには、どうすれば良い? 

はじめのブレーンストーミング、洗い出しが甘い? 

 

・エンジンかかるのが遅い

最後の一日で、相当進んだ。

これがもう少し早くできたら、いいのに

→前回の反省点が、活かせてない 

 

・感情表現を理解するためには、写経した方が良いのでは?

→AMEXからスタート 

 

・熱を冷ませられない

自分のレターを冷静に見られない

→他人との比較?講師のメンバーのツッコミ?あの人だったら、こう言うのでは? 

 

 ・思い込みが激しい

自分で自分のレターに、ツッコミ入れられない

→自分がカワイイ

 

・できる限り、ツッコミされる部分を減らしたい

→そう思っても、結局ツッコミされるんだけどね。の割り切り

 

・自分の作品の質と、自分を分けられない

言われたからって、それはライティング能力の問題

自分を否定されたわけでもない

 

・ライティングできなかったからと言って、全責任を負う必要もない

 

・できないなら、できるようになれば良いだけ

 

・ツッコミいれられる数 = 良くなる可能性

 

・早く失敗する、早く、勘違いに気づく

とにかく早く作る

早く説明して、誤りに気付く

他人に見せるのが早ければ早いほど、良いものができそう

 

・最終ゴール = 成果を出す成果物 であることを、忘れずに

×:自分の誤りを指摘されることを、できる限り少なくする

 

・もっと他人を使う

一人で考えない

どんどん人を巻き込む

巻き込んで気づいて、直していく 

 

・これから一週間あるんだから、ここから直してみよう

直したものを、当日持参しよう

 

 

■ストーリー

・あーあ、今日は、せっかくの土曜日。

外出するのは面倒だな・・・博はそう思った

 

・今日は先週と違って、天気が良い。早起きもできた。資料の準備もOK

これで完璧だ!と思い、博はいつもの喫茶店に向かった。

そこで博が感じたことは、「眠気」だった。

 

・やる気はある。ただ体が付いてこない

どうしてだろう?とコーヒーをすすりながら、考えてみた

そうだ、今週はかなり残業もあったし、ハードワークだったな

こんなんだったら、わざわざ外出しないで、自宅で寝ているんだったな・・・。

浩史は、そう後悔した

 

・どうして、自分がこんなに頑張ってることを、家族は理解してくれないんだろう?

別に認めてほしいわけでもないんだけど・・・

浩史は、心の中で、そうつぶやいた

 

・あと2時間、いや1時間でも良い。週末に時間取れれば、きっと成功するはずだ

浩史は、そう確信した

 

・もっと効率的な方法もあるんだろう、でもわからない

コツコツやっていくしか、ないだろう

 

・心の中では、勉強できない、勉強しなくても良い言い訳をさがしていたのかもしれない。

 

・やる気がある時の自分 vs やる気が無いときの自分