読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「インフルエンザB」からセールスライターへの路

セールスライターになるまでの道のりを、ていねいに。

相手の沈黙に耐える

どれ位待ったら良いか、わからなかったので、調べてみました。

 

www.nikkeimm.co.jp

 

30秒。

 

上記記事からの抜粋。 

 

・相手が黙り込んでしまったら再び話し始めるまでじっくり待つ──
そんな対応こそ自らを成長させる気づきやビジネスのアイデアに出会える確率を高めてくれる
と言っても過言ではないでしょう。


・経営者はなぜ話しやすくなったのか。思考を邪魔されなくなったからに他なりません。


・そこでこう考えましょう。20秒や30秒の沈黙は相手にとってはほんの一瞬なのだと。


・相手の沈黙に耐える「30秒ルール」の提案です


・気づきやビジネスのアイデア、仕事へのヒントを与えてくれるような言葉は、
沈黙の後に発せられる機会が少なくないのです。


・人は胸の中に秘めた、とっておきの話をしようとする時、しばしば沈黙します。どう伝えようか、どんな言葉に思いを託そうか、どんな順番で話そうか、心の中の井戸を覗き込まざるを得ないからです。

 

・だとすれば沈黙は恐れ避けるべきものではないのでしょう。むしろ相手が口をつぐむような質問こそ、心のドアを開ける鍵になり得るのかもしれません。