読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「インフルエンザB」からセールスライターへの路

セールスライターになるまでの道のりを、ていねいに。

レビューの方法

レターを書くと、熱が入りすぎて、おかしなことになります。

 

レターを書いてみて、

・他人に見てもらう

のはもちろんですが、「全て」を見てもらうわけにもいきません。

 

というのも、合格点が80点だとすると、自分のレターが65点や70点くらいなら

指摘しようもありますが、20点、30点だと話になりません。

 

「レベル感」ってものがあります。

 

・どうして、自分のレターを客観的に見れないのか?

 

原因を探ってみました。

 

客観的にレターを見ている時もあります。

それは、「他人のレター」の時です。

 

他人のレターは自分に責任がないので、言いたい放題ですね。

責任感がないと、コメントに責任がないので、冷静に見れます。

(自分で言うのもナンですが、良いコメントをできていると思います。)

 

そうでないと、とたんに見えなくなってしまってます。

 

うまくレビューできている時と比較して考えてみると・・・

 

 

・そもそもレビューのレベルにない?

・レターを書く目的、目標を忘れてしまってる

・どうしたら客観的に見れるのか?(他人のレターのように見れない)

・どうしたらレビューできるのか?

・他人はどうしているか?

・他人のレターのように見れない

・自分のレターを忘れられない

 

 

なんて質問が出ました。

 

状況から整理すると、

 

・そもそもレビューのレベルにない?

→根本的に書けていない。

⇒大きなやり直しになることを見越して、早めに第1版を書き終える

⇒第2版、第3版、第4版と書いていき、書き終える想定をしておく 

 

 

・レターを書く目的、目標を忘れてしまってる

→常に忘れずに、目的、目標を目の前に置いておく

⇒お前のレターの良し悪しなどどうでも良い!売れることが第一

 

 

・どうしたら客観的に見れるのか?(他人のレターのように見れない)

→質問が間違ってる。ある一定レベル以上は、客観的に見るのは無理。

⇒75点までもっていく、ライティング力の問題

 

 

・どうしたらレビューできるのか?

→他人のレターのレビューを繰り返すことで、レビュー力を上げる

⇒レビュー力も同時に鍛える

 

 

・他人はどうしているか?

→知らない。調べたこともない。

⇒調べてみる。調べわからなければ、聞く

 

  

・自分のレターを忘れられない

→論理的思考が、身についてない

⇒自分のレターを甘めに見る目よりも、「論理的思考」、「目的志向」が強ければ、

そんなことにならないハズ。これも訓練!

 

 

 

以上です。