読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「インフルエンザB」からセールスライターへの路

セールスライターになるまでの道のりを、ていねいに。

セールスコピーの写経

写経の意味もしっかり書かれてました。

 

conlabo.jp

 

こう書いてありました。

 

このように、実際に手を動かしながら、全体の流れをつかんでいきます。この経験をいくつも重ねることで、成果の上がるセールスコピーの流れや、自分にしっくり来る“パターン”というものが見えてくるのです。まず、それを目・頭・手で体感することが、「写経」における最大のポイントであり、セールスコピーの根幹となります。

 

 

こうすることで、「“感情が動く要素”とはどんなものか」というデータが自分の中に蓄積されていきます。もちろん、上記の例のように、「写経」とは別で書き出す必要はありません。もし余裕があれば、メモ程度でも書き出してみると、より鮮明に印象に残りますが、まずはそこまでやろうとせずに、頭の中にデータを貯めるつもりで、写経の経験を重ねていきましょう。その結果、あなたに変化が起こります。

 

100回の写経より1回の本番、これをしかと肝に銘じておきましょう。