読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「インフルエンザB」からセールスライターへの路

セールスライターになるまでの道のりを、ていねいに。

書く力よりも、まずは「売る力」

最近、「話すこと」と「書くこと」のギャップを感じています。

 

話して伝えることは、それほど苦ではないですが、

書くことで伝えることに、とっても苦労しています。

 

・広告とは、印刷されたセールスマン

 

とも言われています。

 

広告は、

・セールスマンの言葉を、紙面上に表わしたもの

という意味です。

 

話をしても伝わらないかもしれないことは、

紙で書いても伝わるわけありません。

 

話をして、関係性を持って、商品を売ろうとすることを、紙面上のみで行う。

 

これは、普通に考えて、相当難しいことがわかります。

 

・相手が何に興味を持っているかを推測して

・相手と関係性を築いて、

・タイミングよく提案して、

・断る理由を先回りして、否定して、

・相手に、買えて良かった!と言ってもらえる

 

一口も言葉を発せず、ここまで持ってこないといけません。

 

うーん。かなり難しいことでしょう。

 

まずは、

・口頭でお客さんと話をして、売れるか?

がポイントですね。

 

それさえできていないのなら、紙面上で売るのは、絶対に無理でしょう。

 

・書く力よりも、まずは売る力

 

が重要だと感じています。